| Top pageR-Data retouchGuide & Grid |
フォトショップ, 使い方,ガイド,グリッド,
より速く、より的確な画像データの整理・編集に最低限必要な知識とテクニック。

少しでもデータの劣化を防ぐ為にはどのようにすればよいのか?。
フォトショップを使う際の画像データの正しい取り扱い方、適切な補正方法などを紹介。

■ ガイドとグリッドの使い方

 フォトショップには「ガイド」と「グリッド」という便利な機能があります。ご存知でしたでしょうか?
 なんとなく、メニューの中に入っているので名称だけは知っている、とか知っているけど使ったことがない。そんな人が多いのではないでしょうか?

 実はこの2つの機能。もの凄く応用の効く便利な機能なのです。

 「ガイド」と「グリッド」の2つの機能はどちらも、画像の中に目安となる補助線を作成する機能です。この補助線にはフォトショップでの作業を快適に進める力が秘められているのです。これらを使うことで、画像を必要以上に拡大しなくても、ほぼ完璧に同じ高さに画像を配置したり、同じ幅で並べたりできるのです。しかも、簡単に、です。

実際の説明の前に、それぞれの機能について簡単に解説しておきます。


■ ガイドについて

 上部メニューより「ビュー」→「新規ガイド」を選択します。すると次のようなウインドウが開きます。

 このウインドウでは、ガイドを水平に引くか垂直に引くかを選択しその位置を指定します。この数値は左上を基点(0)としています。

 適当に数値を入力してみて下さい。今回は5cmとしてみました。

 なんか、青い(デフォルト)ラインが出てきましたね。これが「ガイド」です。この線はあくまで補助線なので、実際の画像に描き込まれたわけではありません。要するに、ガイドは実際には印刷されないので印刷の前に消したりする必要はありません。


■ 簡単にガイドを作成する方法

 とまぁ、「ガイド」を引く(作成する)方法を紹介しました。でも正確な位置を設定する必要がない場面では、私ならこんな方法は使いません(^^;。
 まず「ビュー」→「定規を表示」を選択します。すると画像の左と上の2辺に定規(スケール)が現れたはずです。定規のスケールの幅の単位は初期状態ならcmのはずです。もし気になるなら「編集」→「環境設定」→「単位・定規」の項目で確認・変更できます。定規はプリントサイズを示しているのですが、ここではそんなコトは微塵も気にする必要はありません。
 この定規の中へポインタを持っていきます。そして、マウスをクリックした状態で画像の中にポインタを移動させると・・・ほら。ポインタに青い線(ガイド)がくっ付いて来ましたね。あっという間です。

 自分の知らない間に「定規」を表示状態にしてある状態で、画像の表示させているウインドウを移動させようとしたら正体不明の青い線が出てきた(しかも、戻し方が良く分からない)なんて場面にたまに出くわします。そう、この青い線の正体こそ「ガイド」だったのです。

■ ガイドの移動・消去方法

 定規から引っ張ってきたガイドですが、「違うところに移動させたい」とか「使用して、もう要らない」という場合はどうすればよいうのでしょうか?
 ガイドを移動するには「移動ツール」を使用します。移動ツールを選択した状態でガイド上にポインタを移動させるとポインタの表示が変わり、その状態でドラッグしてやればガイドを移動することができます。実は、いちいち移動ツールを選択しないでも「Ctrlキー」を押した状態でガイドをクリックすれば簡単に移動できるようになります
 移動ついでにガイドを画像の端まで連れていってやって下さい。そうすれば、ガイドは消えます
 他のガイドの消去の方法としては「ビュー」→「ガイドの消去」を選択する、というのがあります。ただし、この場合は全てのガイドが一斉に消去されるので要注意です。

 ガイドのせいで下の画像がどうしても見にくく、ガイドを隠したい場合はメニュー「ビュー」→「表示」→「ガイド」を選択することで、ガイドの表示・非表示を切り替えることができます。なお、ガイドの色が背景色と似ていて見にくい場合は上部メニューから「編集」→「環境設定」→「ガイド・グリッド」の項目で変更が可能です。

■ ガイドをパワーアップさせる?

 「ビュー」→「スナップ」にチェックを入れておくと「ビュー」→「スナップ」→「スナップ先」で選択されている基準線にマウスのポインタが引き寄せられます。例えば下の図の様に、マウスを完全に真横に動かさなくても、まっすぐに真横に線が引けるという機能です。

 本当は、横にまっすぐ線を引くだけなら「Shift」を押しながら線を引けばいいんですけどね(^^;。まぁ、ほんの一例です。
 とはいえ、この「スナップ機能」こそがガイド(とグリッド)の真の機能なのです
 スナップ」を応用することで正確な範囲を選択したり、正確な位置に画像を並べたりするころが可能になります。勿論、正確な幾何学模様を書くことも容易になるのです。
 ガイドへのスナップを利用した図を並べるテクニックは後述します。

■ グリッドについて

 グリッドを表示させるには「ビュー」→「表示」→「グリッド」を選択します。

 グリッドを表示すると次の様なグラフ用紙の様な網目状の枠が現れます。

 この枠の幅は「編集」→「環境設定」→「ガイド・グリッド」の項目で調節可能です。また、ガイドと同じようにグリッドも「ビュー」→「スナップ」にチェックを入れておくことで、ポインタを引き寄せることができます。



 さて、本題に入りましょう。
 「ガイド・グリッド」を使った図を並べるテクニックを紹介する前に、一つだけ書いておきます。

 実は、今回の「ガイド・グリッド」を使用した方法より、もっとお手軽な方法があります。
 でも、あえて今回は「ガイド・グリッド」を使います。何故なら、このテクニックは応用範囲が広く図を並べる他にも利用する場面は多々あるからです。
 今回はその中の一つを紹介しよう、というわけです。

■ ガイドを利用した図を並べるテクニック

 まず、同じサイズ(ピクセル数)の画像を用意します。
 画像を同じ大きさに揃える簡単な方法については、またいずれ紹介しますね。

 今回は次の3つの写真を用意しました。(テキトーな素材でスミマセン…。)
  


 続いて、台紙になる新規画像を用意します。新規画像のサイズは、実際に画像が並んだときよりも大きめにしておきましょう。後から必要以外の余白を消去するのは簡単ですしね。
 まず、並べる画像の位置に、ガイドを引きます。正確に並べるためには「定規」からガイドを引っ張り出すのではなく、「新規ガイド」でガイドを作成しましょう。この様にすることでガイドの位置を正確に入力できるようになります。
 例えば、縦3.5センチの画像を間隔0.5で並べようと思えば、4.0センチごとにガイドを作成すればよいと言うことです。(実際に0.5センチの隙間って…けっこう間抜けですけどね。)
 今回は、3つの画像を縦に並べてみます。グリッドは横に3本、縦に1本を用意しました。


 縦、横のガイドが引き終わったら、いよいよ画像をペーストします。
 画像のサイズを合わしていることなので、「移動ツール」で隣のウインドウまで移動する画像をドラッグしましょう。マニュアル通りなら、ペーストする画像全体を選択後に「コピー」をして、台紙側のウインドウに「ペースト」する訳ですが、実際にはこの若干無理やりな「ドラッグペースト」が一番手っ取り早いです。

 余談ですが…。エクセルなどの他のソフトからでもこの「ドラッグペースト」は有効な場合が多いです。

 さて、全ての画像を台紙にする画像にペーストしたら、次は「ガイドにスナップ」にチェックを入れて、ポインタがガイドに吸い付く状態にします。後は、画像を適当に並べていくと・・・、あら、画像はピタリとグリッドに吸い付いてキレイに並んでくれるわけです。これで、画像を拡大して「もう少し右かな?」とか悩まなくても済むわけですね。


 きちんとスナップできるとあっという間・・・ですよね。


 使い終わったガイドは・・・、まぁすぐに消しても良いのですが残しておくと後々役に立つこともあります。何といっても、ガイドはプリントアウトされないですし、見た目さえ気にならないなら残しておくといいでしょう。
 ガイドにスナップして作業しにくい時には、スナップを解除すれば問題なしです

<模式図作成にも威力を発揮!>
 ガイド・グリッドは図を並べる以上に、模式図の作成でこそ最大の威力を発揮すると言えるかもしれません。
 直線などを中心とする幾何学模様の作成と、その配置に活用できるのです。上下が揃っている等幾何学的に整然としている模式図は見た目にスッキリして分かりやすいものです。

 「ガイド・グリッド」はあなたの工夫しだいで利用の幅が大きく広がるでしょう!


 細かい応用は、、、またいずれ。



■ メルマガ ■

素人が知らないフォトショップに関するテクニックを紹介しています。

作業効率アップの為に知っておくと便利なtipsを紹介していきます。

まずはメルマガ内容紹介をご覧下さい。

あなたのE-mail


医学・生物学のためのPhotoshop活用ガイドブック
出版社: 日本医事新報社
1997年出版の医学・生物学向けのフォトショップガイドです。ちょっと古い本ですけどね。数少ない研究者向けのフォトショップ本であることは間違いないです。
もう中々手に入らない本の様なので、見かけたら即買いです。