| Top pageR-Data retouchresolution |
フォトショップ, 使い方
より速く、より的確な画像データの整理・編集に最低限必要な知識とテクニック。

少しでもデータの劣化を防ぐ為にはどのようにすればよいのか?。
フォトショップを使う際の画像データの正しい取り扱い方、適切な補正方法などを紹介。

■ 解像度について

 多くの画像関係のソフトウェアで「dpi」とか「画像解像度」という言葉を見かけたことがある人も多いでしょう。ソフトウェア以外にも、プリンタやスキャナなどのパッケージにも「4800dpi」とか書いていたりしますね。この「dpi」ってのがいわゆる解像度ってやつです。


■ 画像の基本単位はピクセル(pixel)

 ペイント系の画像の場合、画像は点の集合からできています。この点のことをピクセル(pixel)とかドット(dot)と呼びます。基本的に、これらの点は正方形だと考えてもらってよいです。画像データは2次元のものですから、縦の長さと横の長さがあります。いま仮に縦10ピクセル、横20ピクセルの長方形があったとします。この中には10×20で、200個の点が在ることがわかります。この200という数字はデジカメなどでお馴染みの「画素数」に一致します。
 縦1000、横1500だと1,000×1,500=1,500,000になります。150万ですねぇ。要するに、この場合は一つの画像の中に150万個の点があるわけです。
どーでもよい話ですが、実際のデジカメの画素数をみると・・・縦も横も端数になっていますね。計算すると・・・もちろん端数になり400万画素と表記されている商品も400万ピッタリではないことがわかります。ま、約400万で問題ないんでしょうね。


■ dpiって何?

 dpiとは「dot per inch」の略で、1インチ(約2.5センチ)の中にいくつの点があるのかを示す数字です。一般的に解像度といえばこの「dpi」の数値のことを指します。この数字が大きければ大きいほど、一つの点が占める面積は小さくなります。

 さて・・・。200ピクセル×200ピクセルのデータがあるとします。このデータを100dpiで表示(印刷)する場合と、200dpiで表示(印刷)する場合を考えましょう。
 100dpiの場合は一辺が2インチになり、200dpiだと一辺は1インチになります。
 同じピクセル数で表示(印刷)の解像度を上げると、表示(印刷)されるサイズが小さくさることが分かります。(フォトショップの画面上での見かけの大きさのことではありません。)

 また、同じ印刷サイズを持つ画像データであるなら、解像度(dpi)が大きな画像の方がそれぞれの点が細かくなります。

 スキャナなどの入力機器で画像を取り込む際にもdpiを入力する部分があります。このdpiは「取り込む際の解像度」です。例えば、100dpiの設定で5インチ×5インチ四方のエリアをスキャンすると500×500ピクセルで取り込むことになります。

<余談>
 最近のスキャナでは市販のものでも4800dpiに対応したスキャナが販売されています。もし、10インチ(約25センチ)四方を4800dpiでスキャンするとしましょう。一辺が4800×10=48000。48000×48000=2,304,000,000(23億!=2300M:一般的なデジカメ(2004.7)で3〜4Mという画素数)と言う凄まじい画素数になります。はっきり言って非現実的数値になります。こんなファイルは大きすぎて扱うほうが大変です。
 ところで、デジカメデータの店頭でのデモ印刷などを見たことがある人も多いと思いますが・・・。400万画素でも十分にキレイですよね。では、この無意味ともいえる4800dpiでスキャンする機能の意味は?
この高解像度スキャンの活躍の場は35ミリのネガフィルム(ポジでも良いです)をスキャンするときです。あの小さなフィルムをA4などに引き伸ばそうとするときには重宝するわけですね。意味が無い訳じゃなかった。ちょっと安心ですね。
 要するに、スキャンするときに拡大しないのであればこのような高解像度スキャンは必要ないのです。個人的には、300〜400dpiもあれば十分だと思っています。


■ プリンタの解像度

 プリンタにも解像度というものがあります。しかし、この解像度は画像データの解像度と少しだけ解釈が違います。1240dpiのプリンタだからといって、1240dpiのデータで印刷すれば良いかというとそうでもなく、600dpiのデータと比べたときに劇的な変化があるかどうかも疑問です。
 このプリンタの解像度に関しては若干解釈が難しいので、おススメの本を紹介するに留めておきます。色々と興味深い内容が書いてあるので、関心のある方はぜひ一読することをおススメします。


■ モニタ解像度

 モニタといえど、画像を点の集合として映像を表現しているので、やっぱり解像度があります。640×480とか、1024×768(これが一般的かな?)とかいうやつです。
 モニタの表示に使う点の数を指しているので、モニタ解像度を上げてやると一つ一つの点は小さくなり文字やウインドウが小さく表示されたりします。(ただし、擬似的に解像度を上げるモニタもあり、そういうモニタでは字が小さくなることはないです。)フォトショップのウインドウ上部にはファイル名の横に(**%)という表記があります。100%の時が、モニタの点と画像ファイルの画素の点が1対1に対応しているときです。この%が端数の時にモニタに表示される色は、実際のデータから演算した色なので、100%の時と見え方が変わったりします。このため、厳密に色調などを補正するときには、100%、50%、25%などのキリのよい倍率で見ることが重要です。
 このフォトショップのウインドウ上部の(**%)という表記は、画像の大きさを比較する際に注意しなければなりません。この(**%)の数値が違うならば、フォトショップの画面上での見かけ上の大きさは全く参考にならないということですから。


フォトショップで解像度を調節するには?

 このサイトの本題ですね。これをお話しないことには、ウンチクを垂れただけになってしまいますからねぇ。

 まず、フォトショップの最上段にあるメニューから「イメージ」を選択して下さい。


 次のようなメニューが出てきます。


   解像度を変更するには文字通り「画像解像度」を利用します。
 画像解像度を選択すると以下のようなウインドウが開くはずです。

 上から2段は「ピクセル寸法」と書いてあります。
 これは、画像データの実際のピクセル(点)の数を表しています。
 実際にサイズを変更するときには右の欄に数値を入力します。このときに入力方法に「pixel」と「%」の2つを選ぶことができます。「pixel」は実際のpixel数を、「%」では拡大縮小したい倍率を%で入力します。

 その下には「ドキュメントのサイズ」という項目がありますね。
 ここに示されている「幅」と「高さ」の数値は実際に印刷される大きさを示しています。
 この「幅」と「高さ」の大きさは、その下にある「解像度」と上に書いた「ピクセル寸法」から計算されています。
 入力方法には「%」、「inch」、「cm」、「point」...などから選択できます。印刷サイズを決定する欄ですし、日本人の我々には「cm」が最も直感的に分かりやすいと思います。

 更に下には「縦横比を固定」と「画像の再サンプル」という2つのチェックボックスがあります。

 「縦横比を固定」は、縦、横のどちらかのサイズを変更すると、それに合わせてもう一方も自動的に同じ比率で拡大縮小してくてる機能です。このチェックを外しておくと、画像が縦長になったり横長になってしまうことがあります。

 「画像の再サンプル」にチェックが入っていると、ドキュメントのサイズの変更に合わせてピクセル寸法が変動します。このチェックをはずすことで、ピクセル数を固定できます。この機能は、「ピクセル数を保持したまま印刷サイズを小さくする」時に必要になります。なお、このチェックがついたまま「ドキュメントのサイズ」を変更すると「ピクセル寸法」も連動して小さくなり、画素数の高いのデジカメやCCDで撮影した画像の画素数を減らしてしまうことになります
 また、「画像の再サンプル」のチェックを外した状態で画像を拡大するとピクセル数が固定された状態で印刷サイズが大きくなるために解像度が減少します。解像度を一定のまま印刷サイズを大きくしようと思うなら「画像の再サンプル」を外しておく必要があります。ただし、解像度(あるいは、ピクセル一個の印刷サイズ)を維持したまま画像を拡大するのですから、元からあるデータでは、全てのピクセル(点)を埋めることが出来ないのは明らかです。そこで、フォトショップではいくつかの方法を用いて、これらの空いたピクセルを補完します。この時に用いる方法を「画像の再サンプル」の横についているプルダウンのメニューから選択できます。私見では、自然な画像というなら「バイキュービック法」が良いのではないかと思います。だたし、ケース・バイ・ケースなので気になる場合は色々と試すのがよいでしょう。

 


■ メルマガ ■

素人が知らないフォトショップに関するテクニックを紹介しています。

作業効率アップの為に知っておくと便利なtipsを紹介していきます。

まずはメルマガ内容紹介をご覧下さい。

あなたのE-mail