| Top pageR-Data retouchLayer |
フォトショップ, 使い方,レイヤー ,新規作成 ,リネーム
より速く、より的確な画像データの整理・編集に最低限必要な知識とテクニック。

少しでもデータの劣化を防ぐ為にはどのようにすればよいのか?。
フォトショップを使う際の画像データの正しい取り扱い方、適切な補正方法などを紹介。

■ レイヤー<新規作成、リネームの重要性>

■ レイヤーの基本

 フォトショップや多くのレタッチ・描画系のソフトウェアには「レイヤー」という概念があります。レイヤー(layer)とは「層」という意味です。フォトショップの画像データは文字通りレイヤーが「層」になって積み重なってできているのです。

 実際の画像データの構成を見てみましょう。下の図はこれから説明する画像です。

 上の画像は、「3枚のレイヤー」と「背景」から作りました。
 フォトショップでは、まず最初に何もない(透明の)空間を想定していますそして、透明では見えないので便宜上グレーのチェック柄(初期設定)で透明部分を表します。今回も、グレーのチェックで表示します。

 この「透明な空間」の上に「背景」が乗っています(下図)。今回は背景を白いままにしましたが、背景に色々と描きこむことも可能です。通常、新しいファイルを作成した時点ではこの状態となっています。
 また、背景のない状態で印刷を行うと「透明部分」は無地としてあつかわれるので白くなります。決して、チェック柄が印刷されるわけではありません。

 この「背景」の上に、3つのレイヤーが重なっています。
 レイヤーの上下で画像が重なった場合は上の画像が優先して表示されます。丁度、模様を書いた透明のフィルムを重ねた時のことを想像してもらえばよいでしょう。
 今回は次のように重なっています。




 レイヤーはそれぞれ独立しているので、別々に移動したり色の調整を行うことができます。逆に言えば、同じレイヤー上の画像は一緒に動かしたりすることが可能なわけです。
 以上がレイヤーの考え方になります。・・・そんなに難しくないですよね。



■ 新しいレイヤーの作成方法

 では実際にレイヤーを使う方法を説明しましょう。
 フォトショップ上部のメニューに「レイヤー」というのがありますよね。ここから「レイヤー」→「新規」→「レイヤー」を実行します。

 次の様なウィンドウが開くはずです。バージョンによって少し内容が変わりますが、基本的には同じなのでそれほど気にしなくてもよいです(写真は6.0のもの)。


 このウィンドウで表示されているオプションはすべて後からでも簡単に変更できます。でもまぁいい機会だし、簡単に説明しておきましょう。

・ カラー:レイヤーパレットに表示する色を変えるだけ。
・ 描画モード:レイヤーの演算方法を変える。普通は「通常」で使用。
・ 不透明度:文字通りレイヤーの透明度を設定する。不透明度が低いと下の画像が透けて見えるようになります。


 とまぁ、色々設定できますが先にも言ったように「後からでも変更可」なのでこの場でいじる必要は全くないです。個人的な経験では不必要な混乱を避けるためにも後から設定するのをおススメはします。
 新規レイヤーを作成する方法は他にもいくつかありますが、それらはまた別の機会に紹介します。


■ レイヤーパレットについて

  ところで・・・。
 画面の右側に下のようなウインドウ(レイヤーパレット)が表示されていますか?もしも、「チェンネル」や「パス」が前面に出ているなら「レイヤー」って書いている上の方(下の図で「通常」って書いている部分の上です)をクリックしてやって下さい。ウィンドウがない場合には「ウインドウ」→「レイヤーの表示」を選択すれば表示されるはずです。

 このレイヤーパレットを使うことでレイヤーの操作を視覚的に行うことができます。
 まず、基本的な部分の機能と意味を紹介します。
:レイヤー(および背景)の表示・非表示を切り替えます。目のマークがついてるレイヤー(あるいは背景)が画面に表示されます。また、印刷時に非表示のレイヤーは印刷されません。
:筆のマークがついているレイヤー(あるいはレイヤーマスク)がペイントされます。(レイヤーの名称部分が同時に濃いグレーになります。)また、空欄をクリックすることで、現在選択中のレイヤーとグループを作ることができます。グループ化されたレイヤーは、ひとつのレイヤーに対する変更と同じ影響をうけます(一部機能を除く)。
:レイヤーをロックします。またロックする部分を選択できます。右からそれぞれ「透明部分」、「描画(色の付いている)部分」、「移動」、「すべて」をロックする機能となっています。ロックすると該当する部分に対する変更が出来なくなります。
:左をクリックすると「新規レイヤー」を作成します。右をクリックすると選択している(グレーが濃い)レイヤーを「削除」します。
:右上の三角をクリックするとオプション機能が表示されます。

■ レイヤーの表示の法則と、並び替え

 レイヤーは下の図の様にパレットの上に並んでいるものが、実際のデータでも上に表示されます。
 レイヤーの順序を変えるには、上下を変更したいレイヤーをドラッグして、他のレイヤーの上や下にドロップするだけです。




レイヤーの名前について考えてみたことがありますか?リネームの重要性

 いきなりですが・・・。レイヤー1、レイヤー2・・・・。なんてダサい名前なんでしょう。しかも、分かりにくいコトこの上なしです。今回のようにレイヤーの枚数が2枚や3枚の場合には、それ程気にもならないでしょう。でも、レイヤーが5枚、10枚と重なってくると自分が操作したいレイヤーを探すのに必要以上に時間をくったりします。イライラしますしね。

 そんなコトにならない為に、レイヤーには名前をつけることができます
 つまらないコトですが、レイヤーに分かりやすい名前をつけるだけで意外と時間短縮につながるものです。


 フォトショップ5.5以前ならこの作業はとても簡単です。レイヤーの名称部分をダブルクリックするだけです。ダブルクリックすると名前の入力フォームが現れるはずです。
 6.0以降で同じコトをするとなんだか見慣れない詳細設定のウインドウが開いてしまいます。
 6.0以降の場合は「Alt(Macならoption)」を押しながらダブルクリックをして下さい。すると下のようなウインドウが開きます。ここに、新しい名前を入力すればOKです。


 例えばこんな感じにします。

 今回は特に名前をつける必要は無いような画像でしたが実際に論文のフィグを作成する時には、それぞれの画像データがどういうデータなのかをレイヤーの名前として残しておくと後々助かります。
 過去の学生(研究者)が整理して残していったフォトショップのデータを開いてみたが、その図がどういうものなのかイマイチ分かりにくかった。そんな経験があるあなたには特におススメです。それぞれのレイヤーの意味するところがメモ代わりに名前として残っているのですから!是非とも、学生や後輩に伝授してあげて下さい。

 助かるのは、きっとあなた自身です


もっと手軽に?
 ウィンドウズならマウスの右クリックのメニューの中から「レイヤーのプロパティ」を選択することでも変更できます。
 他の方法としてはレイヤーパレット右上のオプション機能のメニューにも同じ項目があり、ここからも同様に名前をつけることができます。
 でも個人的にはレイヤーパレットをダブルクリックするのが一番早いと思うんですけど・・・。




■ メルマガ ■

素人が知らないフォトショップに関するテクニックを紹介しています。

作業効率アップの為に知っておくと便利なtipsを紹介していきます。

まずはメルマガ内容紹介をご覧下さい。

あなたのE-mail