| Top page Photo retouchAnti Alias |
フォトショップ, アンチエイリアス
デジタル写真を利用する全ての人に役立つフォトショップのテクニック。
フォトショップの使い方を、本当の基礎から応用まで紹介していきます。

 ■ デジカメで撮影した写真をより美しく見栄え良くするには?
 ■ デジカメ写真をよりキレイにプリントアウトする秘訣とは?
 ■ Web用に画像を調整する方法 ・・・など。

■ アンチエイリアスってなに?


フォトショップを操作していると、たま〜に見かけませんか?
この「アンチエイリアス」って言葉。

参考書などにもアンチエイリアスを有効にする、とか無効にする、とか。

アンチエイリアスとはなんぞや?

今回は、そんなあなたの疑問にお答えします。


■ アンチエイリアスで何が変わるの?

 さて、アンチエイリアスを有効にすると何がおきるのでしょうか?

 結論から言うと、アンチエイリアスを有効にすれば境界線が滑らかになります。

 下の図を見てもらえば分かりやすいですが、実際にはフォトショップがピクセル間の補完を行うことで中間色を擬似的に作りだしていく訳です。
 滑らかと言えば聞こえはいいですが、若干ボケた感じになる。というコトです。


 しかし、実際には左のようなギザギザのラインでは印刷する時にキレイな曲線にならないので大抵の場合はアンチエイリアスを有効にしておくべきである、と考えて問題ないです。

 では、アンチエイリアスを有効にしない機会ってあるんでしょうか?
 もちろん、あります。あるから、そんなチェックボックスが付いているんですね。

 「自動選択ツール」で正確に選択しようとする時や、ピクセル単位の作業をしようとすると、たまーにアンチエイリアスが邪魔になることがあるんです。
 あるいは、ラインツールで小さな図形を描こうとした時なども、アンチエイリアスは邪魔になります。ラインの両サイドのボケ部分で細部が潰れて表現できなくなることがありますからね。
 ここら辺については下の方でもう少し詳しく解説します。

◇ ここまでのまとめ ◇

・アンチエイリアスとは滑らかな図形を作成するためにある。
・アンチエイリアスを実行すると境界線は少しぼやける。
・細かい作業をする際には、アンチエイリアスを解除することも必要になる。



 まぁ、上に書いたような感じで、アンチエイリアスの説明はお終いなんですが、ここからはちょっと変わった(?)アンチエイリアスを紹介します。アンチエイリアス以外にも存在するアンチエイリアスの世界(意味不明?)を紹介します。
 知っていれば、いざって時に役立つ知識です。

■ ニアレストネイバー法

 「画像解像度」を使用して解像度を維持したまま画像を拡大縮小するときのことを考えて下さい。
 画像を大きくしようとするなら「ピクセル寸法」を大きくしますね。
 あるいは、「画像の再サンプル」を有効にして「ドキュメントのサイズ」を大きくします。

 今回注目したいのは一番下の「画像の再サンプル」右のプルダウンメニューです。


 初期状態では、「バイキュービック法」となっていますね。
 この「バイキュービック法」を使用すると、アンチエイリアスを有効にしている状態に近い効果を得ることができます。

 要するに、拡大前にギザギザの曲線も拡大時にはピクセル間を補完して比較的滑らかな曲線になるという訳です。

 ギザギザのまま拡大しようとするならどうすれば良いのでしょう?例えば・・・、上の例にあるギザギザの丸い円。どうやってエッジの効いたまま(ギザギザのまま)大きくしたのでしょうか?

 前振りがあるので予想できると思いますが、「画像の再サンプル」右のプルダウンメニューを変更します。
 アンチエイリアスOFFに相当するのは「二アレストネイバー法」です。

 ただし、キレイに拡大縮小するには若干コツがあります。
 それは、倍率を12.5%、25%、50%、100%、200%、300%…など整数倍、整数分にする事です。
 半端な倍率だと形がゆがむので要注意。

■ ブラシと鉛筆の違い

 ブラシツールと鉛筆ツールの違いはアンチエイリアスがかかっているかいないかである、という見方もできます。

 鉛筆ツールはカクカクしてて使いにくい。なんかキレイな線がかけない。

 そんな意見を聞いたこともありますが、モノは使いようです。
 エンチエイリアスの無い鉛筆ツールの最大の利点はアンチエイリアスの無い輪郭にあります。そして精密画を描こうとする時こそ、その利点が100%発揮されるのです。。

 ブラシツールと鉛筆ツールの最小サイズを拡大比較してみましょう。


 上の図の各点はそれぞれ鉛筆ツール、ブラシツールの最小サイズ(直径1px)で1クリックで描かれる点(黒色)を拡大したものです。
 なんつーか・・・、一目瞭然ですね。
 鉛筆ツールでは確実に1ピクセルずつ点が描かれるのに対し、ブラシツールでは・・・何なんでしょう、これは(笑)

 いや、ホントに1クリックしかしてないんですよ。しかも同じ条件で。
 4回点を打ったら、3種類も点ができてしまいました。形も色も一定じゃないし・・・。
 そもそも、今回は黒100%(真っ黒)で実験したのに・・・、あろうことかグレーになっています。

 黒ちゃうやん。なんでやねん・・・。って言われても仕方のないことなんですが。

 いやはや、ブラシツールは凄くファジーなツールだということが分かりますね。

 ま、このファジーさ加減が曲線に適度な滑らかさを生んでくれるのですけどねぇ。


Mini こらむ

そもそもエイリアスって何なんでしょうか。ちょっと辞書で調べてみました。
Alias(エイリアス)とは英語で「別名(は)、偽信号」という意味があります。更にAliasing(エイリアシング)という言葉もあります。こちらには「再命名」の他に「(サンプリング時に)発生する偽信号」という意味があるそうです。

この「(サンプリング時に)発生する偽信号」とはなんぞや?
と、調べてみると、「コンピュータ画面の曲線や斜線図形の「ギザギザ」のこと」とありました。要するに、「実際には無いはずなのに見えてしまう偽りのギザギザ」という意味で偽信号という意味になるようです。
ずばり、これですね。

Anti(アンチ)-Aliasとは「コンピュータ画面の曲線や斜線図形にできてしまう偽りのギザギザ」に対応する。というコトになりますね。


■ メルマガ ■

素人が知らないフォトショップに関するテクニックを紹介しています。

作業効率アップの為に知っておくと便利なtipsを紹介していきます。

まずはメルマガ内容紹介をご覧下さい。

あなたのE-mail


かなりステキな講座を発見しました!

ネットで24時間オンライン講座 Word・Excelなど全22講座
寺com屋というe−ラーニング講座です。e−ラーニングってのは平たく言えば「自宅で出来る、好きな時間に出来る講座」です。
正直、フォトショップの講座は私には不必要なのですが・・・。
じゃ、何がステキかって?

ほら、CGIとかFlashに関する講座まで揃えてくれているのです。
しかも、実際に専門学校などに行くより格段に安い価格で出来るあたりなんかもステキですね。

自分でWEBサイトを作りたい人なんか向けのパック(割引付き)も用意してくれています。

でも、心配ゴトもあります
かなり出来のよい講座のようなので、フォトショップ講座を受講した人がこのサイトに見向きもしなくなったら・・・。
かなり悲しいかも(^^;。