| Top page Photo retouchhow to use layer ?|
フォトショップ, 自由変形の使い方
デジタル写真を利用する全ての人に役立つフォトショップのテクニック。
フォトショップの使い方を、本当の基礎から応用まで紹介していきます。

 ■ デジカメで撮影した写真をより美しく見栄え良くするには?
 ■ デジカメ写真をよりキレイにプリントアウトする秘訣とは?
 ■ Web用に画像を調整する方法 ・・・など。

レイヤーの利用法 その1


■ レイヤーって何って人へ

 レイヤーの基本的な操作法が分からない方はこちら (レイヤーの基礎:新規作成:リネーム方法)を先にご覧ください。


 さて…。
 別のところでも書きましたが、レイヤー(layer)とは英語で「層」を意味する言葉です。
 フォトショップでも、文字通り画像の層のことを表します。具体的には「背景」の上に存在する透明のシートのようなモノです。レイヤーを利用することで、背景に文字を入れたり別の画像を重ねたりすることが可能になります。

■ レイヤーの基本的利用法(レイアウト調節・原画保存・文字レイヤー)

 さて、レイヤーが何かは知っていた方には質問を投げかけたいと思います。
 あなたはレイヤーをどのように利用していますか?

 まず思いつくのは、簡単なレイアウト操作や簡単な画像合成ではないでしょうか?
 レイヤーを使えば、下のように簡単に複数の画像を重ね合わせて一つの画像にすることが可能になるわけです。例によって、テキトーな合成です。申し訳ないです。
画像合成


 画像合成のテクニックについては別の機会に詳しく紹介します。合成したけど、イマイチ不自然なんだよねぇ、って人は楽しみに待っていて下さい。
 違和感を少なくするための、幾つかのテクニックを紹介する予定です。


 次に思いつくのは文字でしょう。
 フォトショップでは「文字ツール」で文字を入力しようと思うと、フォトショップが自動的に「文字レイヤー」を生成します。「文字レイヤー」とはTのマークの入ったレイヤー(下図)です。
文字レイヤー


 文字レイヤーでは、文字はテキストデータとフォントのデータから構成されているので、文章の変更やフォント色の変更がいつでも行えます。もちろん、通常のレイヤーと同様に位置の調節も簡単に行えます。
 この文字ツールに関しても、別の機会に詳しく解説しますね。



 さて、他の利用法・・・そーですねぇ。
 今回は他の利用法として「元画像の複製」を紹介しましょう。

■ 「元画像の複製」の利点

 プロとしてフォトショップで作業する人にとっては、けっこう当たり前の事項なのですが。

 レタッチや、加工を行う前には必ず(?)「元画像の複製」を行います。
 この作業を行う理由は、「大抵の場合、デジタルデータは、元のデータがも最も正確な情報を持っているから」です。更に付け加えるならば、「デジタルデータと言えど、一度データを上書き保存してしまうと元のデータには戻れなくなる(レタッチデータの不可逆性)から」です。
 別名保存すれば問題はないのですが・・・、何かの拍子に元データに上書きしてしまわない保障はどこにもありません。

 なにより、元画像をレイヤー(あるいは背景)として残すことで、作業前と作業後の比較が簡単に行えるという利点があります。

 明るさやコントラスト、色調などを変更する前に、この「背景のコピー」(あるいは作業したいレイヤーのコピー)を作り、その新しいレイヤーに作業を反映させることで「大失敗した後にも元データは別のレイヤーとして完全な形で残っているので安心」となる訳です。


■ レイヤーを複製する方法

 まずは、レタッチ(修正・加工)したい画像をフォトショップで開きましょう。
 過去にレイヤー付きのフォトショップ形式で保存したファイルでない限りは、レイヤーパレットは下図のように「背景」のみとなっているばずです。

レイヤーの複製


 この状態で、上部メニューから「レイヤー」→「レイヤーの複製」を選択します。
レイヤーの複製


 選択すると、次の様なウインドウが現れます。

レイヤー


 ここでは細かいコトを気にせず(^^;)素直に「OK」を押します。
背景のコピー


 これで完了。レイヤーパレットには「背景のコピー」という名の新しいレイヤーが出来上がっていますね。この「背景のコピー」は、文字通り背景と全く同一のデータになっています。


■ もっと簡単に複製をつくる方法

 実は・・・、上記の方法以外にも簡単にレイヤーを複製を複製する方法があります。こちらの方が簡単だし、個人的には推奨します。
 下図で○してあるレイヤーパレット右下のアイコンは、新規にレイヤーを作成する際に使用します…が、今回は既にあるレイヤーをこのアイコン上にドラッグしてみましょう。

複製


 すると・・・。
背景のコピー


 ほら、簡単にレイヤーの複製を行うことができましたね。今回は「背景のコピー」のコピーを作った、というわけです。この様に「背景」以外の画像も複製を作ることができるのです。


■ 複製した画像(レイヤー)の使い方の一例

 レイヤーパレットの目のマークは、レイヤーの表示・非表示を表します。
 コピーのレイヤーの表示・非表示を切り替えることで、自分のレタッチの結果どの程度変わったかが一目瞭然となる、という使い方もできます。上のコピーしたレイヤーにブラシツールか何かで落書きでもした後に、目のマークをポチポチとクリックしてみましょう。自分が変更した部分が一目瞭然でしょう?

 そして、「色々と頑張ってレタッチしたけど、こんな失敗作・・・要らない!やり直し!」と思ったなら、そのレイヤーは破棄してもう一度レイヤーのコピーを作りなおして作業を再開する。なんてこともできます。
 ちなみにレイヤーを削除する時は、捨てたいレイヤーをパレット右下のゴミ箱のマークに放り込むだけでOKです。

 更に、作業の段階ごとに「コピー」を作っていくことで、「昨日作業したトコロまで戻る」とか「昨日までの段階と今日の作業の比較」なんてこともできますね。言わば、「作業履歴を残していく」というコトが可能になるのです。


■ レイヤー複製に関する注意事項

 レイヤーは数が増えるとその分だけファイル容量が大きくなってしまいます。レイヤーは背景画像とほぼ同様の情報量を持っているので、レイヤーを2枚付けると、背景と合わして約3枚分のファイル容量になります。マシンパワーのあるPCをお使いの方はそれ程気にならないかもしれませんが・・・、そうでない場合はファイルを開いたりフィルタ作業を行う時に余計な時間がかかることになります。
 巨大なファイルを開く際に重要なのはPCのメモリ、あるいはメモリの割り当ての量です。
 今(2004年11月現在)の標準といえる、Windouws XPに256Mのメモリ。これでは、ちょっと心許ないですね。とはいえ、他のソフトなら十分に動くんですけどねぇ。

 ま、ファイルを開くのを1分以上待つだけの気の長さがあれば大抵は大丈夫ですが(笑)

 
NEWS

当サイトは【Webノウハウ・ラーニングコース】正規パートナーサイトに選ばれまています。

【Webノウハウ・ラーニングコース】では、Webサイトから毎月お金を稼ぐ具体的な方法論の数々を公開中です!
内容が濃い分、値段もステキ☆に高いです。が、正規パートナーサイトである私があなたに送るギフトナンバー【w5376】を使えば、10%オフになります。締め切り間近の様です。お早めに!
詳しくは ≫ こちらから


■ メルマガ ■

素人が知らないフォトショップに関するテクニックを紹介しています。

作業効率アップの為に知っておくと便利なtipsを紹介していきます。

まずはメルマガ内容紹介をご覧下さい。

あなたのE-mail