| Top page Photo retouchLayer Mask |
フォトショップ, レイヤーマスク, クイックマスク, アルファチャンネル, マスク
デジタル写真を利用する全ての人に役立つフォトショップのテクニック。
フォトショップの使い方を、本当の基礎から応用まで紹介していきます。

 ■ デジカメで撮影した写真をより美しく見栄え良くするには?
 ■ デジカメ写真をよりキレイにプリントアウトする秘訣とは?
 ■ Web用に画像を調整する方法 ・・・など。

■ レイヤーマスクの使い方

■ レイヤーマスクって何だろう?

「レイヤー」のことでも「マスク」のことでもありません。
「レイヤーマスク」です。

レイヤーマスクを知っていれば様々な応用への道が開けるのです。
「レイヤーマスク」は実に様々な現場での使用に耐えうる機能なのです。
それこそ、画像の合成からイラスト描き、文書に挿入する図表の作成まで、です。

今回はレイヤーマスクの使い方をいくつか紹介します。


■ レイヤーマスクって何だ?

レイヤーマスクとはレイヤー上でクイックマスクを同時に使用しようというコンセプトの機能です。
名は体を現す・・・少し意味が違うかな・・・、ま、そのままです。


複数のレイヤーを重ね合わせて作業している時に、上のレイヤーの一部が要らないので透明にする必要があるとします。あなたならどうしますか?
レイヤーのことを少し知っている人なら「上のレイヤーの要らない部分を「消去」する」と答えるでしょう。

概ねこれで間違いはありません。


しかし…。
消してしまった部分が「やっぱり必要だった」という事態に遭遇した時、あなたはどうするでしょう

「消したらダメだったのか…」
「折角ここまで作業したのに…。やり直しかよ!」

…ってなりませんか?
諦めて作業を一からやり直していませんか?


でも、レイヤーマスクなら大丈夫。
レイヤーマスクでは元のデータはそのままにしておいて、レイヤーの一部にマスク設定を行うことで透明(非表示)化することができるのです。

そう、レイヤーマスクを削除すれば再びレイヤー上に画像が現れる、ということです。


■ レイヤーマスクの使い方

で、そんな便利なレイヤーマスク。
普通のマスク(クイックマスク)の使い方を知っていれば、そんなに難しくはありません。
クイックマスクの使い方を知らない、忘れた、という人はこちら(クイックマスクの使い方)で復習してから続きを読むことをおススメします

さて。
レイヤーマスクを使用できる状態にするには・・・、レイヤーパレット上でレイヤーマスクを適用したいレイヤーを選択した状態で、レイヤーパレットの下のほうにあるアイコン(下図丸印)をクリックすればOKです。

フォトショップ レイヤーマスクの使い方
レイヤーパレットをよく見てください。
下の様に、通常のサムネイルの横に新しくレイヤーマスクのサムネイルが追加されていればOKです。ちなみに、これらのサムネイルもクリックすることで個別に選択することができます。
フォトショップ レイヤーマスクの使い方


アイコンをクリックした直後は、レイヤーマスクがアクティブになっています。クイックマスクモードと同様になっているので、描画色・背景色は白黒(あるいはグレー)になっているはずです。
早速、ブラシツールを選択して描画色を黒か白にして、ブラシツールを使用してみましょう。

…通常のクイックマスクの様に、色が付いたりしない代わりに、マスキング領域が透明化したり、透明化した部分が再び描き出されたりします。


レイヤーマスクを編集しているあいだ、チャンネルパレットの中に編集中のレイヤーマスクも入っています。これをクリックすれば他のアルファチャンネルと同じように色付きで表示・加工もできます
もちろん、その加工はレイヤーマスクに反映されます。


■ メニューからレイヤーマスクを使う

先ほど紹介した方法以外にメニューからもレイヤーマスクを選択して使用することができます

この方法を使えば、レイヤーマスクの初期状態を設定することができます。

上部メニューより「レイヤー」→「レイヤーマスク」を選択してください。
ここには、「すべての領域を表示」や「すべての領域を隠す」、「選択範囲をマスク」、「選択範囲外をマスク」 などの項目があります。


「すべての領域を表示」は先ほどのレイヤーパレット下のアイコンと同様です。レイヤーマスク上には何もマスク部分がない状態、すなわち「レイヤーのすべての部分が表示されている状態」のレイヤーマスクを追加する機能です。
これは、レイヤーマスクを使って非表示にする部分の方が小さい場合に有効です。


「すべての領域を隠す」で作られるレイヤーマスクには始めから前面にマスクがされています。
クイックマスクで見るなら、前面が色(マスク)で覆われている状態になります。
こちらは、レイヤーの中の大半の部分を隠し、表示したい部分が少ないときに有効です。


「選択範囲をマスク」「選択範囲外をマスク」は、あらかじめ選択範囲を設定しているときにのみ有効な機能です。文字通り「選択範囲をマスク」、「選択範囲外をマスク」しマスクした部分が非表示になります。
もちろん、クイックマスクやアルファチャンネルを使って作った複雑な形の選択範囲を、レイヤーマスクに反映させることもできます


*実は先ほど紹介したレイヤーパレット下のアイコンは「選択範囲外をマスク」の機能も備えています。選択範囲を設定しておき、このアイコンをクリックすれば、選択した範囲以外を透明化することになります。


■ レイヤーマスクは何度でも、いつでも、編集できる

「何度でも、いつでも、編集できる」ことが、レイヤーマスクの最大の利点です。

消しゴムツールを使ったり、消去(Back Space)してレイヤー上のデータを消すことでも、透明領域を作ることはできます。しかし、この場合は元に戻すことができません。(ヒストリーに残っていれば話は別ですが)

何度も言うように、レイヤーマスクではデータを消去するのではなく、表示、非表示の設定をするだけなのです。したがって、この設定(マスク範囲)をコントロールすることで、いつでも修正が可能なのです。


また、レイヤーマスクではブラシツールなどの描画ツールを使ってリアルタイムで表示・非表示を変更できます。レイヤー上の複雑な形状を切り抜いたりする際にも、レイヤーマスクと描画ツールで、実際に要るか要らないかを判断しながら作業できるわけです。
これを使えば、切り抜いた画像のエッジの処理を行ったり、背景に馴染ませることも簡単になります。


■ レイヤーとレイヤーマスクは別々に操作(移動)できる

初期状態ではレイヤーとレイヤーマスクはリンクしています。

レイヤー部分を動かせばレイヤーマスクも連動します。逆もまた同じです。


レイヤーとレイヤーマスクのサムネールの間にあるマークはこれらがリンク状態にあることを示しています。このリンクマークをクリックすることで、このリンクを解除することができます。(下図参照)
フォトショップ レイヤーマスクの使い方
このようにリンクを解除した状態であれば、それぞれを自由に操作(移動)することができます。

これを応用すれば、下図の様にレイヤーマスクで枠を作ってから、その中のレイアウトを自在に変えることができます。位置の変更から拡大縮小まで、それこそ自由自在です。

一度トリミング(削除)してしまうと、後々になってやり直すのが面倒な場合もあります。ってか、元画像から戻らないとレイアウトの補正ができないケースもあります。しかし、レイヤーマスクでデータを残した状態なら、後々になっても非常に手軽に加工修正ができるという訳です。


■ まとめ

何度か書いていますが、フォトショップは習うより慣れろ!です。
そこで、今回は簡単な練習課題を用意してみました。
使用する画像は何でもよいので、是非一度チャレンジしてみて下さい

◇課題1の目的
・事前に選択範囲を設定しておいた場合の効果を確認する。
・レイヤーとマスクのリンクの解除と、個別に操作できることを確認する。
レイヤーマスクの使い方

◇課題2の目的
・レイヤーマスクが描画系ツール(描画色:白黒)で編集できることを確認する。
レイヤーマスクの使い方


■ メルマガ ■

素人が知らないフォトショップに関するテクニックを紹介しています。

作業効率アップの為に知っておくと便利なtipsを紹介していきます。

まずはメルマガ内容紹介をご覧下さい。

あなたのE-mail


■ご案内■

Retouch WebLaboratoryではフォトショップに関する様々な記事を用意しています。

もしも、このページにあなたの望む内容がなかったら。是非、TOPページより探して見て下さい。お探しの内容が見つかるかもしれません。


■miniコラム■

 とても便利で「向かうところ敵なし」と言いたいレイヤーマスクですが。実は、弱点がいくつかあります。
 その一つが整列に関するテクニックが使いにくいことです。
 図を並べるテクニックで紹介した整列・分布をレイヤーマスクを適用した画像に使用すると思っているのと異なる整列をすることがあります。これは表示範囲の端や中央ではなく、マスク部分も含めた全体像の端や中央を基準にしているためです。
 そんな訳で、整列・分布を使いたくなったら普通に画像をトリミングすることも必要になってきます。
 メモリ等のマシンスペックに余裕があるならレイヤーマスクを適用したレイヤーを複製して保存しておくと保険になるでしょう。