| Top page Photo retouchEasy Retouch 1|
フォトショップ, 色調補正, 特定色域の選択, デジカメ
デジタル写真を利用する全ての人に役立つフォトショップのテクニック。
フォトショップの使い方を、本当の基礎から応用まで紹介していきます。

 ■ デジカメで撮影した写真をより美しく見栄え良くするには?
 ■ デジカメ写真をよりキレイにプリントアウトする秘訣とは?
 ■ Web用に画像を調整する方法 ・・・など。

簡単に印象を良くする方法 - part1

さて、フォトショップには多くの機能があります。
デジカメで撮った画像を更に良くする時、あるいは駄作の写真をなんとか使える状態にする時。こういった時にこそ、フォトショップは本領を発揮します。

「トーンカーブ」や「レベル補正」という機能はこういったことを可能にする素晴らしい機能なのですが、いかんせん、使うのには少々慣れが必要です。
ま、慣れれば良いだけなのですが・・・、今回は「特定色域の選択」という機能を紹介します

■ 特定色域の選択

 「特定色域の選択」の機能を説明するなら…、

 「画像に含まれる色を、色相別に色味の修正をする」機能となります。

 なんだか、理解しにくい文章になってしまいましたね。
 まぁ、下で図を使って説明するのでご心配なく。


1・「特定色域の選択」のウインドウを開く
 「特定色域の選択」を使うためには、メニューから「イメージ」→「色調補正」→「特定色域の選択」を選択します。
 選択すると次のようなウインドウが開きます・・・よね。

特定色域の選択


2・変更したい色系統の選択  使用する際にはまず「カラー」から調節したい色を選択します。
 上の図で赤で囲った部分です。右のプルダウンメニューをクリックすることで、修正したい色系統を選択できます。
 色の系統は「レッド系」、「イエロー系」、「グリーン系」、「シアン系」、「ブルー系」、「マゼンタ系」、そして「白色系」、「中間色系」、「ブラック系」の合計9種類が用意されています。
 要するに、RGB・CMY・K(3種類)という風に考えていいでしょう。
 ちなみに、シアンとは一般の感覚でいうところの水色、マゼンタはピンク・・・に近い色です。

2・色の調節  次に、「カラー」の下に並んでいるCMYKの4つのカラースライダ(上図:青)を調節してそれぞれの色の系統の調節をします。
 C(シアン)は青(本当は上で書いたように水色っぽい)、M(マゼンタ)は赤(ピンクに近い)、Y(イエロー)は黄、K(ブラック)は黒(墨)です。
 CMYKは、絵の具の色に近い感覚で混色できるので、一般の人には分かりやすいのではないでしょうか?

3・相対値と絶対値の使い分け  下には「相対値」と「絶対値」という2種類のチェックがあります。(上図:緑)
 「相対値」とは、変更前の各色を100%とする設定です。
 「絶対値」とは、色の最大量を100%とする設定です。

 分かりにくいですねぇ・・・。もうちょっと分かりやすく・・・。

 「相対値」では、元からあるCMYKの値にスライダを動かした%を掛けた分、各色が変化します。
 「絶対値」ではスライダを動かした%分だけCMYKの各色が変化します。

 まだ少し分かりにくいかなぁ。

 例えば、元々C(シアン)が50%のピクセルに対し、C(シアン)のスライダを+10%としたとしましょう。
 「相対値」では50%の10%、要するに5%が増加分になります。(C:50%→55%)
 「絶対値」では、そのまま10%が増加分になります。(C:50%→60%)
 こんな感じで分かってもらえたでしょうか。

 もっとも、ここでの計算は理想的な色での話です
 「特定色域の選択」では色の系統を9種類に分類していますが、一口に青と言っても、薄い青や濃い青、赤っぽい青から、黄色っぽい青まで様々です。
 例えば、「カラー」で「ブルー系」を選択しているときには理想的なブルーにはスライダの設定どおりの色の変化が期待できますが、理想的なブルーから離れるとスライダの影響力は薄れていきます




■ 特定色域の選択の使用例

 ちょっと例を見てみましょう。

 次の写真は私が、数年前に撮った写真です。
 秋の夕日なんですが、あまりの美しさに後輩と共にワイワイ言いながら撮影したのですが・・・。

特定色域の選択
 一言でいうと、イマイチです。なんかドンヨリしています。
 もっと、赤く輝く雲が西の空に・・・!!なんて言っても信じてもらえそうにないですね。

特定色域の選択
 これをチョイチョイっといじってみました。(レッド系・マゼンタ系・イエロー系にMYを+10〜30%しました)
 とりあえず、雲の色合いは良くなりました・・・。

   でもなんかイマイチですね。
 ま、元の写真が悪いので勘弁して下さい(笑)。

 次の写真は、花壇に咲いていた花なんですけど・・・。
 実は、なんて花なのか知りません。知ってる方はメール下さい(^^;)

特定色域の選択
 で、花なんですが・・・。どうも色気が実物と違って写ってしまいました。
 なんだか青すぎてニセモノっぽく見えます。(モニターの関係であなたにどう見えるかの保障は出来ませんが・・・。)
 もっと、赤っぽい青、もしくは濃い青だったのに・・・。
 そこで、「特定色域」を使ってみました。(ブルー系・シアン系にCを+〜10%、Mを+10〜20%してます)

特定色域の選択
 なんか、ちょっとリアリティが出てきたように思います。
 と、まぁこんな感じです。

 なんだか、良いサンプルが手元に無かったので・・・。
 いずれもっと、効果的な画像をアップしますね。


■ まとめ

 「ここの色合いだけ手軽に変えることができたらな。」
 そんな時は「特定色域の選択」を使ってみましょう。




■ メルマガ ■

素人が知らないフォトショップに関するテクニックを紹介しています。

作業効率アップの為に知っておくと便利なtipsを紹介していきます。

まずはメルマガ内容紹介をご覧下さい。

あなたのE-mail


ネットで24時間オンライン講座 Word・Excelなど全22講座
寺com屋というe−ラーニング講座です。e−ラーニングってのは平たく言えば「自宅で出来る、好きな時間に出来る講座」です。
正直、フォトショップの講座は私には不必要なのですが・・・。
じゃ、何がステキかって?

ほら、CGIとかFlashに関する講座まで揃えてくれているのです。
しかも、実際に専門学校などに行くより格段に安い価格で出来るあたりなんかもステキですね。

自分でWEBサイトを作りたい人なんか向けのパック(割引付き)も用意してくれています。

でも、心配ゴトもあります
かなり出来のよい講座のようなので、フォトショップ講座を受講した人がこのサイトに見向きもしなくなったら・・・。
かなり悲しいかも(^^;。



フォトショップを使い始めて間もないあなた、特にPhotoshop Elementsを使用しているアナタにおススメの一冊です。比較的安価なので是非一度読んでみて下さい。

はじめてのPhotoshop Elements2.0