| Top page | Profile |
 Retouch−WebLaboratoryの管理人「ヨシカツ」です。

 ヨシカツって何者?って思われるでしょう。
 僕だって、こんなサイト作ってるのってどんなヤツなんだろう、って疑問に思いますしね。

 最近、こんなプロフィールでも見て下さっている人が沢山いることに驚いています。
 見てくれている人がいるなら・・・と調子に乗って増量しました。
 ≪このプロフィールは以下の内容から構成されています
  こんなボリューム満点なプロフィールはそうそうないんじゃないかなぁ?

 ■ 略歴
 ■ フォトショップを使いこなせるようになった経緯について
 ■ 実際にやっていた仕事内容について(概要)
 ■ Retouch WebLaboratoryを作った理由
 ■ ところで、大学院って何するところ?
 ■ 研究って面白いの?
 ■ クリエイタータイプ診断の結果
 ■ ヨシカツについての詳細
 ■ 大学生に100の質問(いわゆる100Qってやつです)


□□□□□□□□□ 略歴 □□□□□□□□□

大阪の某公立高校を卒業後
1年の充填期間(^^;)を設け・・・
某大学理学部に入学、そして卒業
更に大学院博士前期課程に進学、無事修了
2年間の印刷会社勤務の後、退社

現在、某大学大学院博士後期課程にて修行中

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



 どうでしょうか?
 けっこう好き勝手な人生を送っているとよく言われますが・・・。

 どのアタリが好き勝手なのか?

 仕事やめて転職しないで大学へ戻るあたりが普通ではないあたり、とか。
 理系学部(しかも修士課程卒)にも関わらず研究職には興味を示さず、自分のやりたかったPhotoshopが使える仕事についてしまった、など・・・でしょうか。
 どうも「変だ」と言われるのはこのアタリが大きな原因らしいです。

 しかし、世間と同じ流れに乗る必要がどこにあるのか?そう思うのです。
 ちょっと(?)くらい変わった人生の方が面白いと思いませんか?


■ フォトショップを使いこなせるようになった経緯について

 不肖ヨシカツ。理系大学院を卒業したにも関わらず研究職ではなく印刷会社に就職したのには理由があります。
 それは「自分が本当にしたいことを探すため」でした。

 初めから「Photoshopを使える仕事」を探そうとしたわけでもないのです。
 当時行っていた研究にも未練もありました。

 しかし、社会も経験してみたい。自分のまだ知らない世界は沢山あるはずだ、研究にこだわる理由は無い。もっと趣味みたなものを仕事にできないものか・・・そんな風に就職活動をしている最中、見つけた言葉がありました。

 それは、DTP。
 Desk Top Publishingの略ですね。
 それからすぐにDTPに関する本を4、5冊読みあさり、「これは面白いかも!」と思ったのです。

 研究の関係でPhotoshopを扱う機会も多くあったという背景もあり、デジタル画像にも興味もありましたし。
 DTP関連の職ならPhotoshopでメシが食えるのでは・・・?そう思いました。
 イマイチ、他の職種にピンとくるものがなかったのに・・・、これはいけると思ったのです。

 事実。
 僕は出勤していた日でPhotoshopを操作しない日は無かったわけです。
 希望はかなった、と言えるでしょう。しかも、「色校正関係の仕事をしたい」と面接時にはっきりと職種指定してみたところ、おおむね希望の部署に配属されることにもなりました。


■ 実際にやっていた仕事内容について(概要)

 さてさて。
 実際に就職したのは印刷会社のDTP部門でした。

 この職場で学べたことは山ほどありますが、アプリケーション関連に限定すれば…

・Photoshop操作全般について
・Illustratorの操作の基本
・その他DTP関連ソフトの基本

 現実には、フォトショップ以外は殆どさわる機会のない仕事を与えられたので他のソフトに関する知識があまり増えなかったのが最も惜しかったところでしょう。
 逆に、Photoshopの操作や色彩に関する目に関しては飛躍的にそのレベルが上がりました。
 働いていた2年間、ほぼ毎日やっていたのですから。(「たったの2年しか」とも言えます。)

 仕事内容は主に、色分解、色調補正、画像加工・合成など。

 色分解とは、ポジ(ネガ)フィルムをスキャナで読み込みCMYK(RGB)形式のデータにすること。
 色調補正とは、写真をクライアントの要望に沿うようにするための作業。特に色目とコントラストに気を使います。白い服を黒い服に色を変えてとか、もちろん自然なままに。そんな仕事です。
 画像加工・合成は、文字通り加工と合成。加工とはモデルさんの腰の余分な肉を取り除いてキレイなラインにしたりする作業。にきびなんかを消したりもしましたね。画像合成では・・・頭から上だけを別のモデルさんに・・・なんてヒドイ要望もありましたね〜(笑)

 まぁ、これらの仕事を通して画像データの取り扱いや、色調の基礎、画像合成の方法などを学ぶことができたわけです。

 ついでに補足しておくと、メインクライアントは業界でも色目に厳しい会社であったらしく・・・そのシワ寄せは下々に・・・という訳でして・・・。かなり厳しい環境(シビアな校正)の中で仕事させていただいたという自負はあります。

 とまぁ、そんなこんなで実際の現場でフォトショップがどのように使用されているかを知ることができたわけです。



■ Retouch WebLaboratoryを作った理由

 仕事をしていた頃は、毎日がフォトショップ(変な日本語…)。そして、自分の周り(会社の先輩・後輩)の殆ど皆がフォトショップ使いだった訳です。

 DTP関連の人たちは妙な気質の人間の集まりで…奥の手(秘密テクニック)はなかなか明かさない人達でした。もっともその中から、仕事に必要な知識と技術は教えてくれました訳ですね。実際のところ、私が身につけた技術の多くは、当時仕事を行うのに必要な技術であり、ある意味では「部課外秘」に近いテクニックもありました。上司に知れると怒られる、「平社員外秘(変な造語ですみません)」という不思議なテクニックまでありました。

 また、いわゆるアーティストと呼ばれる人の中には自分の製作工程を知られたくない(マネされたくない)人も多いようです。

 ま、思うところあって会社を辞めて学問の世界に戻ってきました。これにより、業界とは関係がなくなったのでこういったテクニックの流出を気にする必要がなくなった、と言うことです。(ついでに言うと「変な」アーティスト気質も少ないですしね。)

 一度は職業的に扱っていたフォトショップですが、実は今も研究データの整理という形で使用しています。当然、私の周囲の人もフォトショップを扱っているのですが・・・。いつも思うことがあります。それは「なんでそんなやり方するんだろう。もっと簡単な(時間のかからない)方法があるのに!

 そこで、「デジタルデータを扱う機会のある人に、もっと様々なテクニックを知ってもらおう!」と思った訳です。
 私にはそれこそ飛び抜けた技術は持っていません(たぶん)。
 それでも、いわゆる素人よりは・・・と思うのです(まがいなりにもフォトショップで飯食っていた訳ですし)。



■ ところで、大学院って何するところ?

 大学院・・・、普通の人にはあまり馴染みのない名前ですよねぇ。
 僕自身、大学に入るまであまり気にしたこともなかったですしね。

 まぁ、大学院とひとことに言っても様々なんですが。
 大まかに文系大学院と理系大学院に分かれるとは思います。

 正直、文系の大学院って・・・何やっているのか、僕も分かりません。
 もし、読者の中で文系の大学院生の方がいたら教えて下さい。

 さて、私は会社を辞めて、理系の大学院に進学しました。

 大学院は修士課程(博士前期課程:2年間)と博士課程(博士後期課程:3年間)の2つの課程からなっています。ちなみに、会社辞めて戻ってきたのは博士課程の方です。

 (理系の)大学院では、院生は教員の下について日々研究活動を行っているわけです。
 もちろん私も例外ではなく、月曜〜日曜まで(週7日?)夜遅くまで実験を行っています。

 ま、週7日来る人もいれば、週4日しか来ない人もいます。
 私自身、用事があれば平日の昼間でもお構い無しに外出しますし・・・。
 こういった研究環境は大学や研究室によって随分と異なるので一概には言えないですね。



■ 研究って面白いの? なぜ転職じゃなくて進学なの?

 この手の質問はあちらこちらでよくされます(笑)
 普通に考えれば、「退職」→「転職」ですしね。

 まぁ、確かに「安定した収入を捨ててまで、大学に戻るやつ(私のこと)の気が知れない。」という多くの意見はごもっともです。

 普通に考えると、安定した生活以上に得るものが大学院で得られるということになりすね。
 これは一面では正しく、ある一面では間違っているのですが・・・。

 興味、そして価値観の問題になってしまいますが・・・。
 研究の醍醐味は「新しい発見」にあります。

 あなたは小学生のころに「○○○なのは××が理由なの知ってた?すごいやろ?」みたいに友達に自分だけが知っている知識を自慢した経験はないでしょうか?
 きっと幼き日のあなたは様々な事柄に「なぜ?なぜ?」と問いながら、様々な答えを探してきたはずです。

 いつの頃からでしょう?
 分からないことを分からないまま放置するようになってしまったのは?
 できないことをできないまま放置するようになってしまったのは?

 研究者とは飽くなき探究心を元に「なぜ?」を追求する者、といえます。

 子供のころに新しい発見があったとき(今思えば、それが大した発見でなくても)、抱いたあのドキドキ・ワクワクを覚えていないでしょうか?
 あるいは今でも、知らなかったことを知ることができたときに、「すげ〜」って感動しませんか?

 自分で料理を作っていて、「こんな調理法を試してみたら、こんな美味しい料理ができた。」というとき。
 友人に教えてあげたくなりませんか?

 根底に流れているものは同じなのです。

 更に、とある助教授に言わせれば「自分の趣味を色々なところが(数百万円単位で)援助してくれる」とのこと。
 語弊はありますが、「自分の趣味をするのに、自分の懐は痛まない」という言い換えもできます。
 加えて言えば、「自分の趣味がいずれ、誰かの役に立つかもしれない」のです。

 研究とはどういうものか?
 少し分かって頂けたでしょうか?

 「面白くないハズはない!」ですよね。

 「会社員」としての将来より「研究者」としての将来の方が魅力的。
 2年間働きそういう結論を出した結果、進学という路を選択したということです。


■ 参考までに

クリエイタータイプ診断というものをやってみました。


ヨシカツの診断結果 ≫ 「セオリー」タイプ

何事にも動じることのない強い信念を持ち。セオリー通りに進める自他ともに厳しい努力家タイプ。

あなたは、強い価値観や使命感を持ち、自分なりのこだわり・理想に向かって粘り強くとことん努力するタイプです。規則、法律、道徳、マナーなど、自分にとってのルールは絶対に守る完全主義者で、正しいと思ったことは、たとえ相手が目上の人であっても貫き通す強さを持っています。何事においても「セオリーが大切!」と思っており、自分で決めたことや好きなこと、目標に向かって脇目もふらず、ひたすら努力するのでは?時には周囲の人にガンコ者と映ることもありますが、正しいと信じる道ならどんな大きな計画でも確実に登りつめるあなたの意志の強さは、周囲のあなたに対する高い信頼につながっていることでしょう。
実際のWebをリンクするのも考えものなので、テキストだけをコピペしました。
なお、下の職業が最適なんだそうな・・・。

・スタイリスト
・ファッションデザイナー
・パタンナー
・プレス
・ヘアスタイリスト
・ヘアメイクアーティスト

んん〜…。そっか?そうなのか?まぁ、努力はしてるつもりですけど・・・。
診断の結果、勧められた職業にもの凄く疑問を持ちつつも、無料なので(^^;)資料請求を「つい」してしまいました
だって、ヘアメイクアーティストってあなた。それに、パタンナーって・・・何?(無知でスミマセン)
ほら、どんな資料なのか?見てみたくありませんか?
送られてきた無料の資料とは? ≫
送られてきた資料の写真など




■■■ヨシカツについての詳細■■■

 生まれは大阪府です。
 でも、大阪市ではありません。すこし南寄り。
 現住所は兵庫県。

 生年月日は1970年代の後半。星座は山羊座。
 ちなみに、知り合いには「山羊座の男はヤバイ」などと言われますがなんの根拠もない・・・はずです(笑)

 ですか?
 現在、確実に「三十路」の脅威にさらされつつあります。

 趣味は、絵画、読書、音楽。
 絵画は、水彩・油彩からCGまで。とりあえず、絵を描くのは好きですね。ただし、上手いかどうかは別問題です。特に、CGに関しては修行中の身です。Photoshopがメインですが、専門は画像加工・レタッチなので修行中というわけです。

 読書は以前はライトノベルが中心だったのですが、最近ではミステリや、いわゆる純文学もほんの少し。歳と共に趣向は変わるものですねぇ。

 音楽は、聴くよりやる!です。
 某吹奏楽団に所属してフルートやってます。かれこれフルート初めて10年近く(!!)になりますが上手くはありません。なんちゃってフルートです。誰か、上手くなる秘訣を教えてください(笑)
 あとは、ギターも少々。下手の横好きってやつです。
 ギターはフルート以上に手に負えませんな。一応、エレアコ(エレキとアコースティックの中間の楽器)とクラシックギターを持っておりますが。どっちも最近は眠っています。

 あぁ、あと色彩検定2級もってます。
 実際には2級なんて、そろばん3級(最近の人は分からない?)と同じくらいに意味の無い資格と思っているのですが・・・。役に立てようと思うなら是非、1級を目指して下さいね。

 この色彩検定、会社の面接時に「色彩検定を受けるために勉強中です。」なんて言ってしまったので。有言実行ということで受験しました。

 でも、本当はその面接の帰りに参考書買ったのは秘密です。
 2週間くらいしか勉強しなかった・・・なんてのも秘密です。

 こんなことばかり書くと反感買いそうなので一応断っておきますが、以前から相応の知識はあったんですよ。
 以前から趣味で様々な本を読んでいたり、美術の授業(中学校レベル)を真面目に聞いていたり、理系大学生にとってはスペクトルの話くらい常識だったり・・・みたいな。

 そうそう、色彩検定2級・3級(マークシート)受験を考えているかたへ一風変わったアドバイス。
 日本語勉強しておけば、消去法でかなり選択肢へらせますよ。
 「そこに名詞は入るワケないよね。」みたいな感じで。あとは最低限の知識をつけてGo!です。

 ただし、1級受験を考えている人はきちんと勉強してくださいね。筆記形式なんで付け刃は不可能ですよ。




プロフィールの一環として、大学生に100の質問という100Qに答えてみました。
本当のところ、ヨシカツは大学院生なのですが・・・。
まぁ、えぇやん。ってことで。少しはヨシカツがどんな人間かわかる・・・かも。
大学生に100の質問(by SELFISH


■Q1. 名前、性別、出身地をどうぞ。
ヨシカツ。おとこ。大阪府。

■Q2. ハンドルネームは自分の名前にちなんだものですか?
イエス。

■Q3. 生年月日、星座、血液型は?
誕生日は1月●日。山羊座と言えばいくらか限定できますよね。たぶんA型。

■Q4. あなたが生まれた日に大きな事件などありましたか?
とくに、知らない。

■Q5. 身長体重、そのた身体的特徴を述べてください
17●cm。▲5Kg。
伏字は「痩せ型」という体系から御想像を。
(多分、予想以上の「痩せ形」です))

■Q6. 趣味は?
現在進行形はフルート演奏。
新しいフルートがほしい・・・。

■Q7. 特技は?
フルート演奏、というと少しオコガマシイ気もするが・・・。

■Q8. 自慢できることを思う存分自慢してください
自分の好きなように生きていること。
けっして、楽な人生を・・・というのではなく。
明確な目的意識をもった自由な人生、は自慢できる・・・かなぁ。

■Q9. 現在の生息地はどのへんですか?(言える範囲でどうぞ)
兵庫県。

■Q10. どこの大学ですか?(言える範囲でどうぞ)
一応、ひみつ。

■Q11. 大学は4年制?2年制?それとも大学院?
大学院・博士後期課程です。

■Q12. いま何回生(年生)?
これを書いている時点で、博士後期1回生。

■Q13. 学部は?学科は?
生物系の研究科です。

■Q14. 実家通いですか?一人暮らしですか?
1人暮らしです。もっとも、大学の寮住まいですが。

■Q15. 電車・バス通学をしていますか?
電車もバスも・・・ない?

■Q16. HPをいつから作り始めましたか?
個人の小さなサイトなら8年くらいまえからチャレンジ。

■Q17. そのきっかけは?
友人がサイトを持っていたから。マネしてみた。
あと、当時自分の周りでHP作成がブームだった。

■Q18. 内容があると思いますか?
ん?そのHPですか?
仲間内でのHPだったので、内容は薄かったですね。
フルートに関する話などがありましたが・・・。

■Q19. ここは見て欲しいというコンテンツを宣伝してください
もう、残ってないしなぁ。
Retouch WebLaboratoryに関しては、元々は研究者の為のPhotoshop講座だったので。
「研究データのレタッチ講座」は見てほしいですね。
内容としては、誰がみても役立つ構成になっています。

■Q20. 逆にみても意味がないと思われるコンテンツをこっそり教えてください
意味の無いコンテンツなんか、ないです。
でも、ちょっと知識がある人にとってはアタリマエの事柄は多々あると思います。

■Q21. 浪人しましたか?
1年浪人しました。

■Q22. 受験勉強はかなりした?
言ってはいけないが、今思えば殆どしていませんでした。
やっているつもりにはなっていたけど・・・。

■Q23. 推薦だったとか?
学校での成績も良くはなかったので、推薦は無理でしたね。

■Q24. 何校ぐらい受けました?
現役時3校。
浪人時6校。

■Q25. 志望校に入学できましたか?
志望校・・・ではなかったですね。
でも、今思うと行くことになった大学で良かったと思う。

■Q26. センター試験は受けましたか?
当然。
国公立志望でしたから。

■Q27. 正直受験が苦しくて何度もやめたいと思った?
そんなことは全くない。
上にも書いたけど、「苦しい」と思うほど勉強してません。

■Q28. 受験にまつわるエピソードをどうぞ
現役時、受験勉強始めたのは12月、、、とか。
現役時のセンターの英語が60点(200点満点中)、、、とか。

ただの恥さらしですね・・・。
一応、浪人したときは140点くらいでした。(ちょこっとフォロー)

■Q29. 入学してすぐに大学の友達ができましたか?
入学式の日には友達ができました。
その人とは今でも、友達やってます。

■Q30. 友達は多いほうですか?
少ない・・・と思う。
知り合いは多いけど。

■Q31. 毎日学校に行っていますか?
当然。
だって、他になにするの?
パチンコとか?
そんなことしてたら、それこそ大学院に戻った意味ないですよねぇ。

■Q32. 授業にはちゃんとでていますか?
大学院(博士後期課程)にはいわゆる授業はないので・・・。 学部の頃ですか?
1限の授業以外には行っていましたが(笑)

Q33. 騒がしくしすぎて授業を追い出されたことがある
寝ることはあっても、騒ぐようなマネはしませんでした。
だって、普通に考えて迷惑ですよね。

■Q34. わりとノートなどちゃんととる方だ
直筆のノートでないと気に入らない方だったので。

■Q35. 高校時代に比べ、生活が不規則になった?
ありえないくらいに不規則に。

■Q36. 試験前は情報をかき集めるのに必死とか?
特にそんなコトはなし。
授業のつもりで学校に行ったらテスト期間に入っていて・・・、なんてことすらあった。
その授業の単位?当然Getです。

■Q37. レポートをかくのは苦手だ
レポート書くのは楽しいと思いますよ。

あ、そういえば研究室の先生が
「学生のレポートは読む気がしない。」って言っていた。
内容どうこうより、日本語ができていない時点でアウトらしい。

■Q38. 大学の図書館はどれぐらいの頻度でいってます?
今は週1くらいかな。
ただし、書庫にいって英語論文を探しに行くだけ。

■Q39. はっきりいって試験前ぐらいしか勉強しない
学部のころは授業以外ではノートを開くことはなかったですね。
今は・・・試験とかないけれど勉強しますよ。。

■Q40. 大学には遊びに行っているようなもんだ
遊びに行っているようなもの、と言えなくもない。
自分の好きな研究しているだけですからね。

■Q41. 学食は良く使いますか?
全く使わない。
美味しくないので。
あ、この表現間違ってる。
不味いので、が正しい(笑)

■Q42. 学食はおいしいですか?お勧めのメニューは?
だから、食えないって。

■Q43. サークルや部活には入っていますか?入っていればどういうサークルか説明してください
学部の頃は吹奏楽やってました。
趣味のフルート始めたのもこれがきっかけ。

■Q44. お酒にはめっぽう強いほうだ
めっぽう弱いほうです。

■Q45. 一気飲みを勧めるのはどう思いますか
ありえない。

■Q46. 急性アルコール中毒になったことがある
自分は経験なし。そこまで飲まない。
飲まされそうになっても、断る。(それで先輩と喧嘩したことあり)

あ急性アルコール中毒になった友人をのせた救急車に同乗した経験はあります。

■Q47. 呑み会には結構行く方だ
基本的に、誘われれば断りません。

■Q48. 宴会で使える一発芸とかある?あれば教えてください
あるけど・・・ひみつ。

■Q49. コンパへの参加経験はありますか
あるけど・・・。
大抵は「来なきゃよかった」と思った。

■Q50. 恋人は現在いますか?
います。

■Q51. お勧めのデートスポットをどうぞ
うーん。いつも困ってるクチなんで。

■Q52. 学生結婚についてはどう思いますか?考えを200文字以内で述べよ
本人達だけでなくて、両人の家族も同意しているならなんの問題もないと思う。
間違いなく大変だと思うけど・・・まぁ所詮は他人ごと。
でも、就職前に結婚していれば、初任給から扶養手当とか付くし。
ちょっと得なんじゃないかな?

■Q53. 長期休暇は大体何してる?
今は長期休暇なんてないです。

GW・お盆・正月。
それぞれ3日くらいずつ。

ごろごろしてるか、宴会。

■Q54. 今まで行ったことのある海外の国は?
海外・・・ないのよねぇ。

Q55. あなたの英語力はどれぐらいですか?
サル並み。(だめじゃん)
ネイティブの会話に混じることは不可能です。

■Q56. 第二外国語はなんでしたか?
ドイツ語

■Q57. 日本語をまともに話せていると自分では思いますか?
・・・たぶん。

■Q58. 敬語をうまく使えますか?
・・・苦手かも。
でも、目上の人にタメで喋るのはありえないと思う。

■Q59. 読書をよくしますか?
よくする方だと思っています。

■Q60. 最近の時事問題をひとつとりあげ、それについて400文字以内であなたの意見を述べてください
Q60でこんなべヴィーな質問は勘弁してください。

■Q61. 現在してるアルバイトは?
塾講師。

■Q62. 以前していたアルバイトは?なぜやめましたか?
家庭教師。
コンビニ店員。
辞めた理由?任期終了と、引越し。

■Q63. 何に一番お金を使いますか?
本代とCD代が同じくらいでトップだと思う。

■Q64. 毎月の携帯(もしくは電話)の請求額は?
無料分を超えることは殆どない、というくらい。

■Q65. 一番大切な物は?
何でしょう・・・。

■Q66. 車の免許は大学に入ってからとった
1回生の夏に。

■Q67. 自分所有の乗り物がある(例えば車とか
車があります。

■Q68. ちゃんとその維持費、自分で払っていますか?
今は自分で払っています。

■Q69. 奨学金で大学に通っている
貰わないと生きていけないかも。

■Q70. 学費はすべて親もちである
すべて、自分で払っています。

■Q71. 大学の授業はつまらないものが多い
以前はそう思っていたけど・・・。
今思うと、それは自分の興味の範囲が狭いことが原因だったと思う。

■Q72. 面白かった授業は?
発生学。遺伝学。

■Q73. 腹が立った授業はある?あれば具体的にどうそ
特になし。

■Q74. 無駄だなと感じた授業は?
特になし。

■Q75. 一般教養を受けて、教養は深まりましたか?
まぁ、深まったんじゃないかな?
その教養に興味がもてるか、意味がないと思うかは個人の資質の差。

■Q76. テキストは必ず買っている
・・・・。
殆ど買いませんでした。
1万円とかする教科書。買う気には・・・。
(結局、院試の勉強のために後から買ったのですが)

■Q77. これは受けてみたいと思って受講した単位がある?
基本的には、受けてみようと思うから履修するのでは?

■Q78. 難しすぎてついていけなかった授業がある
ある。沢山ある。

■Q79. 簡単すぎて何をしないでも取れた単位がある
ある。これも沢山ある。

■Q80. レポートで単位をくれる授業と、出席で単位をくれる授業、どっちがいい?
レポート。かな。

■Q81. 単位は取れている?
単位の下図は必要以上に多かったです。
内容は・・・×。

■Q82. 成績はいい方だ
Q81の答えから、いい方とは言えなかったですね。

■Q83. ここだけの話、カンニングをしたことがある
ないよ。

■Q84. ちゃんと4年で卒業できそう?
できました。4年って、学部の話ですよね。

■Q85. 一般常識は割りとある方だ
そう思っている。
でも、芸能関係には疎い。どうしようもなく疎い。

■Q86. ルール・マナーはちゃんと守れていますか?
守っているつもりです。

■Q87. 就職活動については考えてますか?終わった方はいつごろから意識し始めましたか?
節目節目では常に考えていましたね。
修士の頃は修士1回生の冬(2月)から。

■Q88. どういう会社に就職したいですか?または就職がきまりましたか?
自分の趣味に近い分野の仕事がしたいと思っていた。

働いてみた結論として。
実際に働くまでその会社がどういう会社かは分からないということがわかった。
希望は希望で、頑張ってください。

■Q89. どこの新聞を購読していますか?
Yahoo。Asahi.com。
あ、新聞ではないですね。

■Q90. ダブルスクールしていますか?もしくはしていましたか?
考えたこともない。

■Q91. 大学中にとろう、もしくはとった資格は?
普通自動車免許
ファッションコーディネイト・色彩検定2級

■Q92. あなたにとって大学の意義は?
・・・意義・・・?
なんだろう。

■Q93. 大学生の特権とは?
時間が自由になること。

■Q94. 今の大学は気に入っていますか?
そこそこ。
いまの研究室はサイコーです。

■Q95. 今の大学を宣伝してみてください
大学の?
大学自体には恩は無いしなぁ。

■Q96. 大学に来て良かったと思うことを述べてください
色々な人と知り合えた。これが一番。

■Q97. 大学に行かなかったほうが良かったと思うことを述べてください
特になし。

■Q98. 自分が通っている大学に物申してください
事務の対応がもっと迅速なら良いのだけど。

■Q99. 世の大学生に一言
色々なことに興味を持って頑張って下さい。
本当につまらないコトなんて、、、多分ほんの一握りのはず。

■Q100. 答え終わっていかがでした?
いわゆる100Qってヤツが、こんなにしんどいとは思っていませんでした。